MOVEACCESS CASE

ムーブアクセスの活用事例

サイトのアクセス状況の把握に

WEBサイトを運営されている方ならそのサイトのアクセス状況をより正確に把握されたいかと思います。ムーブアクセスは、導入後すぐにアクセス解析が開始され、リアルタイムに状況を把握することが出来ますので広告展開などを行われた直後の状況を確認することが出来ます。 また、アクセス解析は、サイト全体、ページ単位、月単位、日別、時間別のPV、UUの基本的な集計に加えランディングや離脱、直帰数などの集計も可能となっておりますのでより正確なデータを確認して頂くことが出来ます。

広告の費用対効果測定に

ムーブアクセスの特徴は、アクセス解析+広告効果測定を搭載したハイブリッドシステムとなりますのでWEBサイトにアクセスされてきたユーザーがどの経路で成果に繋がったかをすぐに把握することが出来ます。 また、広告費用や売上金額などを正しく設定して頂くことでCPA(成約1件あたりの広告費用)、ROAS(広告費用に対する回収率)等の広告効果指標も計算も可能となっております。

広告展開の参考データ取得に

注文フォームやお問い合わせフォームなどに指定のトラッキングタグを貼って頂くことでどの広告経由かや、リファラ、検索ワードなどを自動的に検出し、集計しますのでこちらのデータを元にどのキーワードに力を入れるかや、どのサイトからのリンクが効果があるかを把握することが出来ます。
また、成約までに辿ったルート(成約経路・行動分析)や各ページの閲覧時間の確認も行うことができますのでランディングページの最適化(LPO)やリンクの調整などのページ内でのSEOの参考データとして有効利用して頂けます。

ムーブアクセスのマニュアル

リーフワークスのビジネスパートナー

リーフワークスのサーバー